おしんが無事に長男を出産し、竜三が雄(ゆう)と名づけました。明るい笑顔が耐えない田倉家でしたが、竜三の実家では父の大五郎以外、誰もおしんを嫁と認めていません。竜三は実家を見返し、おしんを嫁と認めさせるために、既製服の工場建設を進めます。大正12年(1923年)9月、竜三の執念で新工場が無事完成しますが、関東大震災に見舞われ一瞬にして倒壊、源右衛門は雄をかばって死にます。まさに悪夢のようでした。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック