お手伝いの百合は傷心のまま、田倉家を去りました。おしんのやりきれなさをよそに、仁はセルフサービス方式の店に賭けていました。おしんは、自分の結婚にまで田倉商店の将来を託す仁がかわいそうでなりません。ところが、婚約者の父親が設計も建築もすべて任せてほしいと言ってきました。おしんは、自分の城に土足で踏み込まれる気がして「田倉商店は自分のものだ。誰にも余計な事はさせない」と突っぱねます。女の意地でした。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック