3年前のある事件以来、大阪一の芸能プロダクションににらまれた草若は高座に上がれなくなってしまいました。さらに喜代美は、草々が落語「辻占茶屋(つじうらぢゃや)」に激しく動揺しているのを目にします。落語通の磯七が高座の仕事を持ってきてくれたのに、草々は断ってしまいます。実は、草々も3年前の事件の際に「辻占茶屋」を高座で演じようとして大失敗し、それ以来、高座に上がるのが怖くなってしまっていたのです。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック