喜代美は草々のために、三味線で「辻占茶屋(つじうらぢゃや)」の下座(げざ)を務めることになりました。今までの自分から変わろうと、必死になって三味線のけいこに励む喜代美ですが、現実は厳しく、なかなか上達しません。草若に「草々は下座がついているだけでも安心なはずだ」と励まされて臨んだ落語会当日、極度の緊張で喜代美はとんでもないミスをしてしまいます。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック