清海に初めて本音をぶつけることができた喜代美。「寝床寄席」も兄弟子の草原のがんばりで、無事に終わります。数日後、清海は草々に「東京行きを決意しました」と話します。理由を聞く喜代美には「草々のことが好きだからこそ、自分のやりたいことから逃げずにいたい」と言います。そして「自分は喜代美のことがうらやましかった」と語りはじめます。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック