母・糸子と父・正典のために、喜代美は草々と夫婦落語会を開くことにします。早速、落語「天災」のけいこを始める喜代美の前に、かつての同級生たちが現れます。ところが、ダメだったころの自分を知っている相手というだけで、喜代美は緊張してしまいます。落ち込む喜代美にフリーライターの奈津子は「自分の過去を乗り越えたときが、本当に変わったとき」と言います。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック