喜代美の年季明けから3年が過ぎました。草々と無事に籍を入れ、落語でも徒然亭若狭(つれづれていわかさ)という高座名で活動中です。そんな喜代美の最近の悩みは、お客さんの笑いがだんだん減っているような気がしてならないこと。フリーライターの奈津子に相談しますが、「もう新人ではないのだからしかたがない」と言われてしまいます。一方、師匠の草若は小浜での落語会を終え、和田家に立ち寄っていました。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック