師匠・草若の命があとわずかであることを知らされた弟子たち。草若は病をおして「地獄八景(じごくばっけい)」を演じ、「次の天狗座(てんぐざ)公演でこのネタを、草々、草原、小草若、四草の4人で分けて演じてほしい。そして、喜代美には、その前座で創作落語をしてほしい」と頼みます。草若の思いを受け止めた喜代美は創作落語のネタ作りを始めます。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック