清海のお見合いの当日、喜代美はいてもたってもいられなくなり、清海のもとへと向かいます。「見合いは自分で決めたこと」と納得しようとする清海に、喜代美は「うそをつかないで」と訴えますが、結局、清海は心を開きません。二人の会話を陰で聞いてしまった清海の父・秀臣は、その日の夕方に「お見合いは先方の都合で中止になった」と清海に話します。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック