清海と和解できないまま、喜代美は大阪に戻ります。すると落語通の磯七が「内弟子の勇助に初高座を踏んでもらいたい」と、散髪組合の落語会の話を持ちかけてきました。あいにく草々は都合が合わなかったのですが、小草若が代わりに出ることで話が進みます。一方、小浜では、喜代美の弟・正平が「塗箸(ぬりばし)は継げない」と言いだし、父・正典と険悪になっていました。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック