「誰にも相談できずに、恐竜への夢をあきらめてしまった」という正平の話を聞いて、喜代美は「姉として何もしてやれなかった」と落ち込みます。一方、小草若は落語会で「はてなの茶碗」をかけるべくけいこに励みますが、四草にあっさり算段を見抜かれてしまいます。そして勇助の初高座に向けて準備が進む中、突然勇助が「今度の落語会には出られない」と言いだしました。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック