勇助がうそをついた本当の理由を知り、喜代美は思わず勇助を平手打ちします。上方落語を愛し、徒然亭(つれづれてい)を支えてくれた落語通の磯七に対してあまりに失礼な言いぐさに怒ってのことですが、すぐに手を出したことを後悔します。一方の勇助は草々にも諭され、あらためて「自分を落語会に出してほしい」と懇願します。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック