小次郎と奈津子の仲は、無事にもとのさやに収まりました。居酒屋「寝床」に集まった喜代美たちのもとに、大阪を離れた落語通の磯七から手紙が届きます。東京の寄席小屋の様子を見て、大阪に落語の常打ち小屋の必要性を感じたという磯七の訴えは、皆の心に響きます。一方、小浜では、清海が喜代美の父・正典の元を訪ね、弟子入りを志願します。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック