「落語の常打ち小屋作りを自分たちで成し遂げよう!」と立ち上がった喜代美たち。居酒屋「寝床」の店主・熊五郎や喜代美の叔父・小次郎らも寄付をしてくれましたが、目標の金額には遠く及びません。そこで皆の思いを感じた小草若が、土地と家を売る決意をします。それは草若の思いを小草若が理解した瞬間でもありました。そして喜代美は、草若家とのお別れに「青空落語会」を提案します。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック