第28回 出世脱落

※お試し視聴(無料)アリ
 
秀吉の論功行賞で、賤ヶ岳(しずがたけ)の七本槍(やり)と呼ばれる新世代が三千石以上に加増。同僚の中村は二万石、堀尾は一万七千石、城持ち大名に出世します。しかし、命がけで秀吉を守り、忠臣まで失った一豊はわずか三百石の加増で三千八百石。ふてくされた一豊は「城勤めをやめる」と千代に告げます。「出家する」と言い出す一豊に、母の法秀尼は「命を絶て」と一喝!一方、家康は秀吉につくか攻めるかを考えていました。