第37回 太閤対関白

※お試し視聴(無料)アリ
 
淀が再び秀吉の子(後の秀頼)を産み、豊臣家跡継ぎとしての関白・秀次の立場は危うくなりました。秀吉にとって邪魔な存在になったと理解しながらも、秀次は千代に「わしはこの国を譲り受けたのじゃ」と言い張ります。そんな折り、秀吉を朝敵とすべく秀次側が朝廷に献金したことが発覚し、側近らの血判状が秀吉に渡ります。寧々(ねね)に取りなしを願う千代に、寧々は「これ以上、関白に近づくと山内家が危ない」と忠告します。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック