生活保護 3兆円の衝撃

※お試し視聴(無料)アリ
 
2011年、生活保護受給者が全国で200万人を超え、給付額は過去最多の年間3兆4千億円に上ります。背景には、リーマンショックを受け、厚生労働省が全国の自治体に65歳以下への支給を認めるよう促したことがあります。受給者が最も多い大阪市では、病気や高齢で働けない人を守るこの制度に働ける世代が流入して、ゆがみが生じています。景気回復が見えないなか、生活保護はどうあるべきか、非常事態の大阪を取材しました。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック