終戦直後、北朝鮮にいた日本人はおよそ30万人。その多くが、危険な北緯38度を自力で突破し、北朝鮮から脱出するという悲惨な事態に追い込まれ、多くの人が亡くなった。なぜ、自力で北朝鮮を脱出しなければならなかったのか? 日本や海外の最新の研究や新発見の資料から、事態を悪化させた関係各国の冷徹な論理や、その中で懸命に生きようとした人々の知られざる物語が浮かび上がってきた。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック