「特攻~なぜ拡大したのか~」

※お試し視聴(無料)アリ
 
爆弾を抱え航空機ごと空母などの標的に体当たり攻撃する「特攻」。昭和19年10月フィリピン戦で陸海軍が始めた特攻作戦は終戦まで加速度的に拡大する。魚雷を改造した水中特攻兵器やボートに爆弾を積んだ特攻舟艇など特攻専用の兵器も次々開発され4500人を超える戦死者を出した。その多くは20歳前後の若者だった。搭乗員の死を前提にしたほかに類を見ない作戦はなぜ拡大していったのか。軍の機密資料と証言をもとに探る。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック