日本国憲法で「日本国民統合の象徴」と定められ、歴史上初めて“象徴天皇”として即位された天皇陛下。なぜ、“象徴天皇”の位を退く意向を強くにじませられたのか。NHKの独自取材から、天皇陛下の考えられる「象徴のあるべき姿」をめぐり、皇居のなかで緊迫したやりとりが行われていたことが明らかになってきた。私たちは、きょうのおことばをどう受け止めればよいのか?天皇陛下の“模索の歳月”を振り返りながら考えていく。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック