昭和20年8月、旧満州(中国東北部)で、ソ連軍の侵攻などによりおよそ8万人以上が犠牲となり、その後、中国残留孤児など数々の悲劇を生んだ“満蒙開拓”。植民地の治安安定や軍への食糧供給を目的に、27万の人々が満州に送り込まれたこの移民政策の詳細は、これまで知られてこなかった。村人を送り出した、ある村の村長の日記や破棄されたはずの極秘文書から、人々がどのように送り出されたのか、その真相を明らかにする。