戦時中、旧満州でひそかに細菌兵器を開発し実戦で使用した、731部隊。NHKが発掘した旧ソ連・ハバロフスク裁判の音声記録では、部隊幹部らが日本に反発した中国や旧ソ連の人々を「死刑囚」とし、実験材料としていた実態を克明に語っていた。こうした実験を主導していたのが、大学等から集められた研究者たちだった。エリート医学者はどのようにして集められ、なぜ人間を実験材料にしたのか。音声記録と数百点の資料から迫る。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック