2016年、ルーブル美術館の収蔵庫で半分がちぎれ、ボロボロの状態の「睡蓮・柳の反映」が見つかった。クロード・モネの集大成といわれ、長年行方知らずだった「幻の名画」だ。持ち主は日本人実業家の松方幸次郎。100年ぶりに日本に返され、国立西洋美術館で絵をよみがえらせる1年がかりのプロジェクトが始まった。人の手による作業と人工知能・AIを駆使した総力戦に密着する。語りは俳優・木村文乃さん。