1940年に東京で開かれるはずだったオリンピックが中止となり、幻となった。活躍を期待された選手たちは、国にスポーツを奪われ、戦場で命を落としていった。そうした中、スポーツの精神を守ろうと立ち上がった人物がいた。日本の競泳界を世界最強にまで育てた元代表監督の松澤一鶴だ。戦争に翻弄された選手たちと、スポーツを取り戻そうと闘った松澤の知られざる物語を、北島康介、長谷部誠、朝原宣治とともにたどっていく。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック