50以上の河川が決壊するなど、東日本の広い範囲に甚大な被害をもたらした台風19号。現場ではいったい何が起きていたのか、そして、これほどの災害がなぜ起きたのか…。取材から明らかになってきたのは、広域に、大量に降る雨に対応することの難しさ、そして、新たなフェーズに入った台風の脅威だ。台風19号の被害から学ぶべき教訓をくみ取り、今後、台風災害にどう備えればよいのか考える。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック