サミットから貿易交渉まで、日本外交を40年間も陰で支えてきたすご腕の通訳がいる! 長井鞠子(70)。あらゆる専門用語に精通し、発言を瞬時に「同時通訳」する。言葉を越え、心の思いまでも伝えてくれると言われるその腕は、歴代首相や政府要人から直接指名されるほど。去年のオリンピック招致活動でも、力を発揮。知られざる覚悟と信念とは?放送以外の配信の許諾が得られなかったため、一部映像を編集してお伝えします。