「自動車百年の歴史に革命を起こした」と言われるエンジンを生んだ技術者マツダの人見光夫。カメラの前では動きがぎこちなくなるほどの照れ屋だが、その流儀は徹底している。「世界一を目標に据え、絶対にぶれない」。難題に対し部下が少しでも妥協案で対応しようとすると、即座に否定。「理想から逆算して考えろ」「妥協案は無しと決めて知恵を出せ」。今さらなる領域のエンジンに挑む人見たち。超極秘開発現場にカメラが入った!