「最期の日は、わが家で迎えたい」、そんな患者や家族の希望に寄り添い続ける医師がいる。横浜市にある在宅療養支援診療所の院長・小澤竹俊だ。小澤は、たぐいまれな“聴く力”で、患者・家族の思いを深く受け止め、それに応えるためのプランニングを行う。「人は、できたことが出来なくなっていく苦しみを抱く。それをいかに取り除くか」という小澤。“聴く力”によって、いざなわれる穏やかな最期。在宅医療の日々に密着する。