「からすのパンやさん」など数々の名作を生み出した絵本作家・かこさとしさんが、2018年5月2日、亡くなった。3月から1か月間、創作の現場を取材。死期が迫っていることは、自身も家族も悟っていた。「生きた証しを遺(のこ)せるなら…」と、かこさんは取材に応じてくれた。これは“追悼”ではなく、最後まで、絵本作家として生きた一人のプロフェッショナルの記録である。