平成12年、出雲大社の境内から史上最大級の巨柱が発掘されました。直径1メートル超の丸太を3本束ねた巨柱は、これまで文献上の伝承だった高さ48メートルの巨大神殿が実在した可能性を裏づけるものです。この発見を手がかりに、各分野の専門家や宮大工ら8人が巨大神殿の姿を再現するプロジェクトに密着。「技術立国」の姿に迫ります。この番組は著作権上の制約等から、一部放送とは異なる箇所があります。ご了承ください。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック