20万を超える人々の命を奪った広島・長崎への原爆投下は、これまで「想定外の奇襲」とされていましたが、旧日本軍は米軍の動きを事前に察知していたことが分かってきました。情報をつかみながら、なぜ多くの市民の命を守らなかったのか。当時の資料と関係者の証言から、市民の生命・安全より、担当者の事情・メンツを優先させた驚くべき実態が浮かび上がってきました。原爆投下から66年、初めて原爆投下の真実に迫ります。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック