第 5回 まむしの道三

※お試し視聴(無料)アリ
 
天文22年(1553)春、信長と正室・帰蝶(きちょう)の父、斎藤道三との対面が実現しました。当日、道三は道筋の納屋で信長らが来るのをのぞき見していましたが、まるで野盗の群れのようでした。ところが、対面場所の正徳寺に、信長は美しく正装した武将の姿で現れ、道三を驚かせます。対面は、親子の情すら漂う和やかなものでした。同じころ、トルレス神父と慈海たちは貿易商人ルイス・デ・アルメイダに会っていました。