第17回 妖怪のクリスマス

※お試し視聴(無料)アリ
 
美濃の斎藤義竜を攻めあぐねる信長は側近の池田恒興(つねおき)に、弟・信行の正室だった清との祝言を命じます。めでたい話で吉運を呼び込む考えです。信長は帰蝶(きちょう)としのから母親の幽閉を責められ、祖父・信定から随天が生きていることを聞きますが、手を出さないよう命じられます。永禄3年(1560)秋、恒興と清は祝言を挙げます。この年12月25日、ヴィレラ神父らは日本初のクリスマスのミサを行います。