第23回 京への道

※お試し視聴(無料)アリ
 
美濃を平定した信長は、稲葉山城を岐阜城と改め入城。さらに京を目指し、近江・小谷(おだに)城城主の浅井長政と妹・お市の縁組を進めます。断れば信長に攻められると考えた長政は縁組を承知します。信長は、越前の朝倉義景(よしかげ)のもとにいる足利義秋(後の義昭)を奉じて上洛(じょうらく)するつもりでした。小谷城のお市と長政は夫婦円満です。一方、堺の帰蝶(きちょう)は、宣教師の家でフロイスと出会います。