第26回 信長を見た

※お試し視聴(無料)アリ
 
易占いを外した随天が信長の前で切腹しようとすると大雨が降り、取りやめになります。本願寺と堺に重税を課した信長に堺衆は反発し、合戦の準備をします。解決策を求めた今井宗久は帰蝶(きちょう)を訪ねますが、返事に落胆します。永禄12年(1569)、将軍・義昭の御座所が三好三人衆や斎藤龍興に襲撃されます。急ぎ上洛(じょうらく)した信長は警護を固め、将軍や幕府の権限を拘束する殿中御掟(おきて)を定めます。