第34回 四面楚歌(しめんそか)

※お試し視聴(無料)アリ
 
甲斐の武田信玄がついに動きました。前方に浅井・朝倉勢、背後は将軍・足利義昭と本願寺一向宗門徒、そして退路に武田軍と反信長包囲網の完成です。信長は急ぎ岐阜城へ戻り、将軍家との決別を表明する意見書を送りつけます。甲府を出発した武田軍は徳川家康の居城・浜松城を目指していました。秀吉は柴田勝家と丹羽長秀の名字を1字ずつもらい、名字を羽柴(はしば)と改めます。