天正6年(1578)、安土城が次第に姿を現し、信長に天守閣を見せられた重臣たちは、その豪華さに驚きます。上杉謙信の死で背後の脅威が消えた信長は、石山本願寺、丹後、播磨と西へ攻めます。ところが、摂津の国主・荒木村重が本願寺側に寝返ります。信長は村重配下の城主たちが村重に続かないように、バテレン大名の高槻城主・高山右近と父の飛騨守を脅して味方につけます。そして、村重のこもる有岡城へ総攻撃をかけました。