怨霊としていまも恐れられる平将門。平安中期、律令体制がきしみ国の求心力が失われる中、武勇に優れた将門は坂東一帯の治安の維持に力を尽くす。いわば旧体制の守護者だった。ところが歯車が狂い始める。さまざまな誤解や不幸な偶然の積み重ねの結果、“新皇”(新しい天皇)を名乗り、逆賊のらく印を押されてしまう。結局、志半ばで非業の死を遂げる将門の真の狙いはどこにあったのか。“最強の怨霊”将門の知られざる姿に迫る。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック