第1部 第10回 斉彬出兵計画

※お試し視聴(無料)アリ
 
安政5年(1858)、大老となった井伊直弼は、ハリスの強硬な姿勢に屈して独断で日米修好通商条約に調印します。さらに慶福を将軍の後継者と発表しました。斉彬は朝廷警護の名目で出兵し、乱に備えようとしますが、病に倒れてしまいます。自らの最期を悟った斉彬は、弟の久光や側室の喜久らに自らの志を託しました。このとき、出兵の下工作で京にいた西郷吉之助は、主君の死をまだ知らなかったのです。