文久2年(1862)春、島津久光は薩摩軍を率いて上洛します。久光から捕縛命令が出されていた西郷吉之助は、自ら大久保一蔵(後の利通)に捕まります。一方、吉之助の弟・信吾(後の従道)など急進的な薩摩藩士は、江戸に進軍する機をうかがっていました。久光は暴発を避けるために、彼らが潜伏する伏見の寺田屋に薩摩の藩士を向かわせましたが、不幸にも同士討ちになり、8人が命を失いました。