慶喜は攘夷(じょうい)を唱えて薩摩を孤立させようとし、島津久光は焦りを感じます。薩摩藩の中に西郷吉之助の召還を願う声が高まっていました。大久保一蔵(後の利通)は吉之助の弟・信吾に連判状を提出させ、久光はついに吉之助を呼び戻します。京都に集まっていた有力大名たちが帰国の途につき始め、久光は京へ到着した吉之助に軍の指令の役を申しつけます。時代は大名より下級武士が活躍するように進んでいきます。