第35回 家康の陰謀

※お試し視聴(無料)アリ
 
慶長3年(1598)8月、利家にあとを託し、三成らに見とられて秀吉が亡くなります。諸大名が伏見城に集結し、その席で家康は三成を叱責(しっせき)します。大坂城へ移った淀は諸大名に秀頼への忠誠を誓わせますが、家康はあいまいにしたまま、暗に上杉や三成を批判します。兼続が発言の撤回を求めても、家康は応じません。兼続は家康を討とうとする三成を挑発に乗るなと諭し、事態の収拾を求めて利家のもとに出向きますが…。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック