第39回 三成の遺言

※お試し視聴(無料)アリ
 
兵を引き、会津へ戻った兼続のもとに初音が訪れ、三成が京の六条河原で斬首(ざんしゅ)されたと伝えます。一方、家康は戦後処理を進めます。西軍の諸将が処分され、豊臣家も減封になります。翌年、兼続と実頼が景勝の名代として上洛(じょうらく)。そこに福島正則が現れ、三成は誰よりも豊臣家のことを思っていたと語り、小早川秀秋にも会ってほしいと頼みます。兼続が秀秋を訪ねると、秀秋は兼続にあてた三成の遺言を伝えます。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック