第40回 上杉転落

※お試し視聴(無料)アリ
 
西軍の諸将に処分が下される中で、兼続は徳川の重臣・本多正信を訪ね、上杉存続を条件に直江家の家督を譲ると申し出ます。福島正則と小早川秀秋は上杉救済のため、淀に働きかけて家康を説得します。結果、上杉は会津120万石から米沢30万石へ移封となり、お家断絶を免れます。兼続は会津へ戻り、殿を信じてついてくる者は面倒をみると家臣に告げます。上杉を去る者はなく、感極まる兼続は家臣6千人とともに米沢へ向かいます。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック