2019年4月、日本を含む国際共同研究チームが史上初めてブラックホールの撮影に成功したと発表。撮影されたのは、5900万光年かなたにあるM87銀河の中心にあるブラックホール。世界8つの電波望遠鏡を結合させた地球規模の望遠鏡でブラックホールを観測し、データの解析には日本独自の手法も使われた。しかし、ブラックホールの姿を捉えるまでの道のりは苦難の連続。撮影成功までの舞台裏を詳しく紹介する。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック