1931年の満州事変は、中国東北部での勢力拡大を狙う関東軍による謀略事件です。翌年には、日本の傀儡(かいらい)国家・満州国を建国します。関東軍はその後も侵攻を続けたため、日本が国際社会から非難を浴びる事態に発展します。この事態に危機感を抱いた天皇や政府は作戦の中止命令を出そうとしますが、軍部を止めることはできませんでした。第4回は、日本が戦争への道を突き進む原点となった満州事変に迫ります。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック