ペルーのマチュピチュは、1983年に世界遺産に登録されました。南米アンデスの標高2400メートルの山中に、こつ然と現れるマチュピチュは、「空中都市」とも呼ばれています。大広場を中心に石組みの建造物が、狭い石畳の道や階段で結ばれて、周囲は高さ5メ-トルほどの石積みの壁で囲まれています。誰が、何のために、この山中に整然とした都市を築いたのか? マチュピチュの謎に迫ります。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック