中国・四川省の西北部にある九寨溝(きゅうさいこう)は、1992年に世界遺産に登録されました。ここは4000メートルを超える山岳地帯で、原生林が生い茂った50キロほどの渓谷に、大小100あまりの湖沼が棚田のように連なっています。氷河期の終りに、山の地面は氷河で削られ、そこから地下水が湧き出していると考えられます。九寨溝の美しくも不思議な風景が、どのようにしてできたのかを解き明かします。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック