エジプトの古代都市・テーベには「王家の谷」と呼ばれる王家の墓が密集した谷があります。1979年に世界遺産に登録されました。墓は19世紀には発掘されていましたが、そこに刻まれた文字の意味は不明でした。19世紀初頭、フランスの学者・シャンポリオンがその神聖文字を解明します。きっかけは、ナポレオンがエジプトから持ち帰ったロゼッタストーン。エジプト文明の謎を解明したシャンポリオンと「王家の谷」に迫ります。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック