ドミニカ共和国の首都サント・ドミンゴの植民都市は、1990年に世界遺産に登録されました。コロンブスの新大陸発見後、最初に建設が始まった植民都市です。コロンブスはサント・ドミンゴを統治する最初の総督になりますが、2代目総督のニコラス・デ・オバンドがスペインの典型的な都市作りで街路を升目状に整備し、大聖堂や裁判所、病院ほか、新大陸初の建物を次々と建てます。コロンブスの栄光と挫折が刻まれた街を訪ねます。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック